読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年の青森ねぶた祭に出陣する大型ねぶた一覧が公開されています

今年の青森ねぶた祭に出陣する団体とねぶた下絵の一覧が、公式サイトにて公開されています。

大型ねぶた紹介: 2016年 - 青森ねぶた祭

個々の下絵の感想はまた別にまとめますが、一覧だけ見て注目すべきは以下の2点。

  • 日本通運の制作者が千葉作龍氏になった
  • 私たちのねぶたの制作者が「私たち一同」のみに戻っている

日通はここ最近は柳谷優浩氏が制作していたのですが、名人にもなって勢いに乗っている千葉作龍氏にしたというのは、思い切った変更と言えるでしょうね。
私たちのねぶたはここ最近は(相馬さんになってからと記憶していますが)中心となっているねぶた師の名前が併記されていましたが、今年はまた以前のような「私たち一同」のみに戻っています。下絵も明らかに相馬さんのタッチとは違います。それはともかくこの下絵、すごいですね。迫力あります。

こうして下絵が公開されると、いよいよという気分になってきますね。

さらに今年は、に組・東芝、青森青年会議所青森市役所ねぶた実行委員会の三団体の出陣ねぶたが、今月末の六魂祭で先行してお披露目されることになっています。
nebuta.hatenablog.jp

そのほか、各団体の公式ブログやFacebookページなどでは、制作途中の様子なども公開されていたりするので、ねぶたファンは要チェックですよ。