読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年の郡上おどりin青山の開催日が6月24日・25日に決定

「郡上おどり」は、岐阜県郡上八幡で毎年開催されている伝統的な盆踊りです。国の無形文化財にも指定されています。明け方まで夜通し踊り続ける「徹夜おどり」としても有名です。

郡上おどり - Wikipedia

その郡上おどりが、東京でも体験できるのが「郡上おどりin青山」です。青山外苑前商店街振興組合の主催で毎年行われているものですが、23回目を迎える今年の郡上おどりin青山の開催日が、6月24日(金)と25日(土)に決まったそうです。会場は去年と同じく秩父宮ラグビー場の駐車場です。
イベント情報 青山外苑前ナビ

私がねぶた馬鹿なのは言うまでもないことですが、実は一時期はこの郡上おどりにも入れ込んでおり、毎年郡上八幡まで通っていました。

郡上おどりin青山は会場こそ東京ではありますが、郡上八幡から郡上おどり保存会の方々を呼んで開催されるため、本場さながらの踊りを楽しむことができます。ベテランから初めての人まで、みんなが一緒になって踊るので、気負わずに参加できるというのも魅力です。

f:id:zinbe:20100620190702j:plain

Wikipediaにも書かれているように、郡上おどりで使われる囃子は全部で10曲あり、踊りも10種類あります。郡上八幡の郡上踊りは7月から9月まで延べ32夜に渡って開催されるのですが、この10曲のうちでも頻繁に踊られるのは半分くらいで、マイナーな曲は本場でもなかなか踊れないという特徴があります。

しかし、この郡上おどりin青山は特別で、2日間でほぼ10曲全部を体験することができるのです。これは魅力!かなり魅力!*1

東京の喧騒のど真ん中で、たまには踊り狂ってみるのも悪くないですよ。今年は東北六魂祭と日程が被ってしまっているのがちょっと残念ですね。

*1:もちろん、絶対ではないですよ。