読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目黒雅叙園の企画展示「和のあかり×百段階段 2016」に青森ねぶたが登場

目黒雅叙園で開催されるアートイルミネーション「和のあかり×百段階段 2016」で、今年も展示の一部として青森ねぶたが登場するそうです。

和のあかり×百段階段 催し物|目黒雅叙園

●開催期間
2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日) 59日間
【日曜日~木曜日】
10:00~18:00(最終入館17:30) 夜の見学ツアー 18:30~19:30(見学) その後食事
【金曜日・土曜日】
10:00~19:00(最終入館18:30) 夜の見学ツアー 18:30~19:30(見学)  その後食事
●料金
当日券 1,200円、園内前売 800円、前売券 1,000円、学生600円 ※全て1名料金(税込)

「和のあかり×百段階段」は、東京都指定文化財の百段階段に、"祭り"、"アート"、"職人"、"伝統芸能"の4つをテーマにした展示を行うアートイベントです。2015年に引き続いて、今年も開催が決定し、概要が発表されました。しかも、開催期間が前回よりも長い59日間。青森ねぶたから帰ってからでも十分に間に合う日程です。

使われるねぶたは青森ねぶた祭りで大型ねぶたを手がける若手制作者集団「ねぶた屋」によるものです。流派を超えた4名の若手ねぶた師によるコラボレーションです。入場料は少し高いですが、百段階段の独特の雰囲気の中に浮かび上がる幻想的なねぶたを楽しむことができますよ。