読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第19回羽衣ねぶた祭りに出陣した人形ねぶた達

事前に告知しましたが、8月19日〜21日に東京の立川市で第19回羽衣ねぶた祭りが開催されました。相変わらず運行中の写真は撮っていないのですが、せっかくなので今年出陣した6台の人形ねぶたを紹介します。*1 あまりじっくりと撮影する時間がなかったので、構図が悪いのはご容赦ください。

f:id:zinbe:20160820183454j:plain
黒石特有の墨使いが光っています。すばらしい迫力。力の入った指先もいいです。

f:id:zinbe:20160820183508j:plain
綺麗な青が目を引きます。あと、山口正人の極道漫画みたいな不気味な表情がなんとも言えません。

f:id:zinbe:20160820183701j:plain
武者が前後に並んでいる珍しい構図です。顔が大きく手足が太いので、重量感があります。

f:id:zinbe:20160820183524j:plain
このねぶたも面が大きく動きがダイナミックで迫力がありますね。

f:id:zinbe:20160820183634j:plain
この武者がひっくり返ったダイナミックな構図は、これぞ黒石という感じです。個人的にこの構図は大好きです。白い武者というのは青森市ではあまり見ないですね。

f:id:zinbe:20160820183727j:plain
これも白いねぶたです。赤と白、という対比は珍しい気がします。

最近は、顔のパーツ(眉毛や牙、ヒゲなど)が立体的に作られているものが多いのですが、これも青森のねぶたにはない特徴です。
f:id:zinbe:20160820183734j:plain


ちなみに今年のポスターはこれでした。毎年、誰かしらは知り合いが写り込んでます。私も過去(第9回だったかな)に写っていたことがあります。
f:id:zinbe:20160817094627j:plain

*1:羽衣ねぶた祭りなので"ねぶた"と書いていますが、黒石のものなので正しくは"ねぷた"です。