読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第18回羽衣ねぶた祭は8月19日〜21日の3日開催 東京都立川市の羽衣町にて

東京都立川市羽衣町で毎年開催されている「羽衣ねぶた祭」は、今年は8月19日(金)から21日(日)までの開催となっています。

羽衣ねぶた祭 主催:東立川商店街振興組合

8月19日(金) 午後6:00〜9:00
8月20日(土) 午後5:00〜9:30
8月21日(日) 午後6:00〜9:00

開始時間は17時または18時となっていますが、開会式や、黒石よされ、和太鼓の演舞なども行われるため、ねぶたの運行は3日間とも19時頃からとのことです。

羽衣ねぶた祭青森県黒石市と提携して開催されているため、出陣するのは黒石ねぷた祭で使用されている人形ねぶたです(正確に言えば"人形ねぷた"ですね)。青森と黒石のねぶたの違いについては、以前のエントリーで解説しています。
nebuta.hatenablog.jp

関東のねぶた運行で開催期間が3日間にまたがるものは他にはありません。そのことだけでも商店街の方々がどれだけこのねぶた祭に力を入れているのかがわかります。地元にも小・中学生を中心としたお囃子会があり、羽衣ねぶた祭でその練習の成果が披露されます。

私が関東圏で開催されるねぶた祭と出会ったのがこの羽衣ねぶた祭で、実に11年前の出来事になります。青森にはそれより3年前から足を運んでいましたが、関東ねぶたとの出会いが無ければおそらく"囃子跳ね"に目覚めることもなく、ここまで深く跳人にハマり込むこともなかったと思います。そういう意味では個人的に特別な思い入れのあるお祭りでもあります。私は土曜日に参加する予定です。