読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年度今別荒馬まつりの運行予定

今別荒馬まつりの今年度の運行予定が公開されています。

◎ 今別ねぶた実行委員会 今年の運行予定
荒馬ブログ2 今別ねぶた実行委員会 今年の運行予定

8月5日(金):合同運行(18:00~今別駐在所発)
8月6日(土):実行委員会運行(17:00~開発センター発)
8月7日(日):実行委員会運行(08:00~神社前発)

例年、合同運行は8月4日に行われていましたが、今年は6日なので注意してください。

以前のエントリーに書いた内容とかぶりますが、今別町には今別荒馬、大川平荒馬、二股荒馬など、地区ごとの荒馬が継承されていて、いずれも青森県の無形民俗文化財に指定されています。現在年次イベントとして残っているのはそのうちの今別荒馬と大川平荒馬の2つで、それぞれ独立したお祭りになっていますが、合同運行日のみこの両方が同時に運行されます。実行委員会運行というのは今別荒馬の単独での運行です。

今別荒馬まつりでは、荒馬おどりとねぶた運行が同時に行われます。出陣するねぶたは人形ねぶたで、今年の下絵は下記ブログ記事の下の方に掲載されています。『五条大橋 運命の出会い』源義経と弁慶が出会うシーンですね。
荒馬ブログ2 小屋開きが終了しました。

跳人は、荒馬の踊り手を囲むようにサークルになって、荒馬のお囃子に合わせて跳ねます。衣装は青森市の跳人と同じ(着付けは若干違います。女性の着付けに近い)で、掛け声も「ラッセーラー」ですが、跳ね方は大きく違います。一番大きな違いは、うちわではなく扇子を使うところでしょうか。右手で扇子を翻しながら軽快に跳ねます。勇壮というよりは、優雅という方がしっくりくる感じです。

今別荒馬の跳人も、青森市のそれとはまた違った魅力があっていいものですよ。北海道新幹線奥津軽いまべつ駅が開通してこれまでよりも行き易くなったので、興味のある方はちょっと足を伸ばしてみるのもいいのではないでしょうか。