読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ポルトガル】滞在中に食べた料理

Portugal Travel ポルトガル

ポルトガル滞在中に食べた料理の写真を載せていきます。日本食については昨日のエントリーに載せました。

ポルトガル人は食事(特にディナー)の場でのコミュニケーションを大切にするとのことで、食事の時間が長く、そしてよく喋ります。ディナーの時間は毎日2時間はとっていました。
写真には載せていませんが、パンとオリーブとワインは必ず用意されており、スープ+メイン+デザート、締めにコーヒーというのが定番でした。基本的に、すべて美味しかったです。

オエイラス(リスボンとカスカイスの中間くらいにある街)のレストランで食べた料理。チャーハンみたいな炒めご飯をパイ生地の中に詰めて、上にサラミを乗せてオーブンで焼いた感じのもの。
f:id:zinbe:20160116214146j:plain

チキン、じゃなくてターキーだったかな?カンポ・マイヨールの小さなレストランで、英語が通じなくて、適当に注文しました。
f:id:zinbe:20160117195706j:plain

カンポ・マイヨールの別のレストランで。エビマヨっぽい感じ。美味かった。
f:id:zinbe:20160119210037j:plain

バカリャウ(タラの干物の塩漬け)と玉ねぎとポテトを卵でとじた「バカリャウ・ア・ブラース」という料理。写真はカンポ・マイヨールのホテルで食べたものですが、この料理は定番メニューなのでいろんな店にあります。私は結構好きで、何度か食べました。
f:id:zinbe:20160117144457j:plain

鶏肉のスープ。ホテルで「魚か、豚か、鳥か」と聞かれたので「鳥」と答えたらこれが出てきた。
f:id:zinbe:20160118135351j:plain

ほうれん草のスープですが、なぜかパクチーも入ってる。
f:id:zinbe:20160119130339j:plain

豚肉のソテー。「昨日は鳥だったから今日は豚」と言ったらこれだった。米が付いてるとうれしい。
f:id:zinbe:20160119132404j:plain

牛肉とジャガイモのスープ。「今日は豚がなくて牛がある」と言われたので、それにした。牛肉がすごく柔らかかった。
f:id:zinbe:20160122130649j:plain

同じホテルですが、この辺りから選択肢がなくなって自動で出されるようになりました。
f:id:zinbe:20160121131105j:plain

あまりハズレが無いので、その方が悩まなくていいです。
f:id:zinbe:20160120202800j:plain

リスボンに戻って、闘牛場の脇のレストランで頼んだエビのグリル。ランチなのにニンニクが凄いの食べちゃった。
f:id:zinbe:20160124140911j:plain

同じ店で、サラダ。オススメを聞いたらこれだった。
f:id:zinbe:20160124140209j:plain

カスカイスの海岸沿いのレストランで食べた、山盛りのエビ。日本のエビと遜色ないです。
f:id:zinbe:20160125124539j:plain

エビと貝のクリームソース的なもの。味が濃厚でめちゃくちゃ美味かった。
f:id:zinbe:20160125131907j:plain

私が頼んだものではないですが、同じ店のシーフードカレー。
f:id:zinbe:20160125131911j:plain

おまけ。最後の夜にラーメンが食べたいという話になったのですが、ラーメン屋が見つからず、代わりにフォーを食べました。フォーの店ですが、中国人の経営で、餃子などもありました。
f:id:zinbe:20160125203303j:plain

リスボンにはそもそも中華料理屋が少なく、ラーメンもメジャーではないです。ポルトガル人に「ラーメンって何」と言われました。スーパーではマルちゃんのカップ麺が売ってたんですけどね。

ポルトガルは肉も魚も豊富なので、料理のレパートリーが豊富です(日本ほどではないですが)。味付けにも癖がないので、日本人の舌に合っていると思います。