読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Geo Tech Talk」 Mano Marks氏セッションメモ

GoogleのSenior Developer Advocateを努めるMano Marks氏の来日にあわせて行われた東京GTUG主催「Geo Tech Talk」に参加してきました。
Geo Tech Talk を開催します - Google Developer Relations Japan Blog

以下に、セッション中にとったメモを載せておきます。後半はノートPCの電池が切れて尻切れトンボなメモになってしまったため、Mano Marks氏のセッションのみです。セッションのスライドは以下で公開されています。
Google Slides - create and edit presentations online, for free.
また、セッション中に参加者によって投稿されたツイートがTogetterにまとめられています。私(@zinbe)もメモと同内容のことをつぶやいているので、こっちを見た方が情報がたくさんあっていいと思います。
TokyoGTUG Geo Techtalk - Togetterまとめ

主な内容は次の4項目でした。

セッションの大半は、デモサイトを見せながらそれを解説するという形式でした。デモサイトへのリンクはスライドやTogetterに記載されています。触ってみるだけでも面白いですよ。

以下、メモです。

Fusion Table

Fusion Tableとは

表のデータをアップロードし、ビジュアライズするための仕組み

何が重要か
Spatial Queryとは?
  • Nearest X Neighbor
    • 「自分の場所から近いX個」のような条件での検索
  • Feature in Radius
    • 「半径何メートル以内」のような条件での検索
  • Feature in Bounding Box
    • 短形の範囲を指定してのの検索
どうやって使うか

Google MapsAPIを使って簡単にFusion Tableのレイヤを加えることができる。基本はSQLのようなもの。

デモ
  • Bounding Box Searchのデモ。矩形の範囲を指定して検索をかける
  • Radius Searchは半径を指定して検索
  • Nearest X Neighborは最寄りのX個のような条件で検索
  • ポリゴンの検索
  • ヒートマップを地図上に表示するデモ
  • Shapeファイルをアップロードするデモ

Styled Mapsの事例

  • 昼と夜でマップの色を変える
  • ラベル(文字)のみが表示されるマップ
    • 地図が表示されないで、「東京」などの文字のみが表示される
    • 面白い
  • など
使い方

スタイルはStyled Map Wizardで作れるので、イチから自分で作る必要はない
https://gmaps-samples-v3.googlecode.com/svn/trunk/styledmaps/wizard/index.html
作成したスタイルはJSONデータで出力されるので、これをマップに読み込ませればいい。

Streetviewのカスタマイズ

デモ

Google Earth API

11月に新しいAPIがたくさん発表されたので、そのうちのいくつかを紹介。

  • StreetviewをGoogle Earth上に表示できる
  • グランドレベルナビゲーションビュー
    • 地面にいる視点でマップ上を移動できる
デモ
  • 映画A-Teamのバンでマップ内を走り回る
  • ラスベガスの3D観光案内
    • Google Earth APIとTour APIを組み合わせてツアーを楽しめるようになっている。
  • Streetviewの表示

Q&A

Q: Styled Mapは、ユーザの指定したデータをゼロから描画しているのか、それともパレットなどで一部のみ変えているのか。
A: 秘密。詳しくは言えないが、その組み合わせのようなもの。

Q: Google MapsのマイマップからFusion Tableへのマイグレーションは可能か
A: KMLデータ経由で可能。
補足:
これについては試したけれどうまくいかなかった経験があるので、セッション後に具体的なやり方を聞いてみました。おそらく私のKMLデータの修正方法が間違っていたと思われます。時間のあるときに再度試してみます。