ClamAV 0.86.1以前にバッファオーバフローの脆弱性

TNEF、CHM、FSGの各フォーマットのファイルの検証においてバッファオーバフローを起こす可能性があるとのこと。0.86.2で修正されており、すでにPortsもアップデートされています。